合計10,000円以上で送料無料

フリーダイヤルからでも購入できます

0120-19-8195

 
GRAND PRIX 2007 総集編
GRAND PRIX 2007 総集編
GRAND PRIX 2007 総集編
GRAND PRIX 2007 総集編
GRAND PRIX 2007 総集編
GRAND PRIX 2007 総集編
GRAND PRIX 2007 総集編
GRAND PRIX 2007 総集編
GRAND PRIX 2007 総集編
GRAND PRIX 2007 総集編

GRAND PRIX 2007 総集編

3,520
(0point)

↑ ↓

サテライトチームでルーキーイヤーに2位表彰台登壇
2年目にドゥカティワークスに抜擢され才能開花!
2006年にタイトル争いを演じたニッキー・ヘイデンとバレンティーノ・ロッシ。同じ年にLCRからMotoGP初挑戦となったのが、ケーシー・ストーナーだった。

開幕戦カタールで、FP1、FP2,FP3と常にTOP3以内につけ、予選でもPPのバレンティーノ・ロッシから遅れること0.005で2番手につけた。

決勝ではホールショットのロッシを1周目にパスしたストーナーはその後、何度もロッシとポジションを入れ替えた。しかし最終コーナーを立ち上がったドゥカティは、ストレートでヤマハを抜き去り、公式のラップ・バイ・ラップを見ると全周回でトップはストーナーのゼッケン「27」が刻まれている。

前年に、サテライトチームで2位表彰台1回を記録した、オージー・ライダーのストーナーは、全18戦中、10勝を含む14回の登壇記録を打ち立て、さらにリタイヤ/ノーポイントレースも0とした。
(日本人ランキング:中野真矢17位、玉田誠18位、青木宣篤25位、伊藤真一26位)

主音声のダブル解説は、坂田和人(94年98年125ccクラス世界チャンピオン)と長島哲太(Moto2/鈴鹿8耐優勝 MotoGP参戦経験者)

仕様:DVD 本編:111分/片面2層/リージョン2/4:3/音声:1.日本語 2.英語/ドルビーデジタル
商品番号:WVD-576
JAN:4938966011951